轟音工房(Go-On Labo.)

Rose&RosaryベーシストZILLの日々雑記。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 真面目な仕事もしてますです。


昨年収録した作品がようやく発売されます。

作品というものは実に奥が深く、現場ではいろいろなアイデアと試行錯誤、
知識と技術が集約されて世に産み出されています。
世界に誇れるニッポンとは、あたりまえのことをあたりまえにできることだと思うのです。
徹底した真心こそ日本のお家芸であり、今こそ必要なのではないのでしょうか?
安くジャンクにという安直なやり方では中国やベトナムには到底かなうわけがありません。
汗水流さず、右から左へで丸儲けっていうことをやっていては、
しっかり努力して技術を積み上げてきた者たちに勝てるわけがない。

ある意味社外秘かもしれませんが、そんな真面目なメーカーの真面目なモノ作りをご紹介。


前略 いつもいろいろとお世話になっております。
また、たいへんご無沙汰しており、お詫び申し上げます。
さて、今般ブルーレイディスクを制作し、販売いたします。
「彩−irodori−」(PEBDV−303)、
「Spirit of NA AINA」(PEBDV一304)の2作品です。
前作の「Spirit of the mountain」(PEBDV−302)に続いての第5,6作目となり、
前作でご好評をいただきました高画質映像、高音質音声をさらにブラッシュアップしています。
映像部分は、引き続きH.264でエンコードをしました。
カスタムテクノロジー社製シネマクラフトエンコーダーHD(CCE−HD)にて
徹底的に、時間的な制約を排除して作業を進めました。
また、オーサリングも同様に社内のシナリストにて楽曲とのマルチプレキシングを
丁寧に行っています。
オーサリング後のデータは、FORSシステムでディスク化しています。
併せて、付属のDVDにおいてもシーンごとに最良フィルターでのエンコードを丁寧に行い、
ブルーレイディスクに迫る高画某を実現しています。
一方、楽曲の制作にも新しい試みを施し、前回にも増しての高品質となっております。
基本システムは前回と同じく、130Vの高電圧のマイクロフォン電源による高S/N比、
高ダイナミックレンジでの忠実度は同じですが、ADコンバータ以降のデジタル伝送部に
前作ディスク制作時に使用していましたジッタ除去、ノイズ低減回路の改良型機を使用、
正確なインピーダンスマッチングなどの基本を忠実に守るなどの対応をし、
さらには録音系機器の電源を60ヘルツ正弦波駆動するなどのクリーン化することによって、
さらに高忠実な演奏を再現することができました。
ブルーレイディスクにおいては、従来のリニアPCMに加え、
DTS HD Master Audioを採用し、社内でのエンコードをいたしました。

本日、ディスク見本をお送りいたします。
どうぞご試聴いただきたく、よろしくお廉い申し上げます。

なお、本ディスクは6月中旬ごろに市販予定です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:54 | category: Recording |
# ホームページ更新&CD全国発売決定!!
 100315_2026~02.jpg100315_2026~01.jpg

やっと、落ち着いてきました。
夏発売予定のゲーム収録が2本、ようやく終わりました。
それだけでもアップアップなんですが、
なんとCDの全国発売が決定!!
しかもコンピレーションと2枚同時という暴挙ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ
怒濤のアルバム制作とレコーディングで音信不通の毎日でしたが、
ようやくすべてマスターアップしました。

まずは『聖地☆秋葉原バトルロイヤル』
コンピレーションにつき、いつものRose&Rosaryとは違い、
キュートさを全面に押し出したサウンドに仕上げています。
出演者も豪華です。

そして『Devilish ALICE』
まさか年始に今年の抱負はちゃんとした音源作るぞって言ってたのが、
こんなに早く実現するとは思ってなかったよ。
CD JAPANでも取り扱っているので海外の方でも大丈夫。

それと同時にSIONプロデュースのレーベル、
残虐メイドちゃんレコード。(Maid In Hell Records)も設立。

CDの詳細はこちらでチェックしてくださいね!

そんなこんなでうちのホームページもリニューアル。


Rose&Rosary Official Web

はやくも新曲のPV公開しています。


フルサイズはここ
http://www.youtube.com/watch?v=VI-kRG3LSz4

SION、グッジョブ(・ω・)b
コーレルのVideoStudio大活躍ですな。体験版でもここまでできるスグレモノ。

今年はいろんなメディア展開がありそうです。お楽しみに!

それからもちろんライブもガンガンやりますよ!!

◆2010.5.2(sun) 『SIDE B #0502』
場所:恵比寿ライブゲート
時間:OPEN 18:00 START 18:30
チケット代:前売り 2000円 当日 2500円 (別途ドリンク代500円)
出演:Rose&Rosary / 蜜会 / November Sky 他

5月5日リリースのCD2タイトル、発売日前ですが、会場にて購入できます。
グッズも色々作ってて、この日が販売初日となります。


その先もスケジュール出てるのでバックリ紹介しときます。

◆2010.5.5(wed) 音系同人誌即売会『M3』
場所:東京流通センター
新作CD2本リリース。ブース番号は2階の『L-07』、サークル名は『Rose&Rosary』。
販売です。販売。ライブやる訳ではありません。

◆2010.5.16(sun) 『聖地☆秋葉原バトルロイヤル』 レコ発ライブ
場所:新宿JAM
時間:OPEN 16:30 START 17:00
チケット代:前売り 3000円 当日 3500円 (別途ドリンク代500円)
ライブです。ライブ。モエモエです。

◆2010.6.5(sat) 『聖地☆秋葉原バトルロイヤル』 石丸インストアイベント
場所:石丸電気 ishimaru soft 本店 7F

よーっし、準備は整った!今年もガンガン突っ走るぜーε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノ
| comments(1) | trackbacks(0) | 14:49 | category: Recording |
# いろいろ発売中。




この秋くらいに僕が収録やら編集やらやっている作品が
なんかどばーっとでてるみたいなので、軽く紹介しときます。

[GAME]
ラブプラス、暗闇の果てで君を待つ、サイキン恋シテル?、
ペルソナ3、サモンナイトX、はらぺこあおむしのABC、とか。。

[CD]
今日からマ王!聖砂国DX!、断章のグリム、STRIKE WITCHESとか。

いろいろやってるんですね〜(=゜ρ゜=)ボヘーー

そしてRose&Rosaryもガンガン活動しています。

■2009年11月25日(水)赤坂L@Nでライブです。

OPEN 17:00 START 17:30 チケット代 前売り 2500円 当日 3000円
■出演:Rose&Rosary/ストリームライナー/FREEVER/KOZUE/千年弘高/
sunny end blue/Juz/crazy pants/THE TAPIRS/山崎成美/yuko
■オールジャンルライブイベントで、出番は20:30からになります。
当日の模様は来年5月頃にテレビ埼玉で放送されます。

■2009年11月26日(木) SPIRITUAL-V-ROCK

■場所:吉祥寺クレッシェンド OPEN 17:30 START 18:00
チケット代 前売り 1500円 当日 1800円
■出演:Rose&Rosary/ソレーユ/Chronth-D/シュズバクラ/ANCIENT MYTH 
■ビジュアル系・ハードロック系ライブイベントで、出番は20:00からになります。

久しぶりのクレッシェンドです。是非遊びにきてくださいね!
| comments(1) | trackbacks(0) | 17:45 | category: Recording |
# 男にはやらねばならない時がある
 

なんて大袈裟なタイトルつけましたが、MAC PRO買っちゃいました。

ズバリ、今いっとけ。Intel macとProTools 8の導入を!
OS9,ProTools5TDMで十分だと言い続けた俺がいうんだから間違いない。

僕がSoundShipStudioをProToolsメインでシステムを組んだのは9年くらい前かな?
当時はSONY PCM-3348の全盛期で、ProToolsで音楽スタジオだなんて散々笑われました。
でも、いまや業界標準となりました。
何故、あの時が境目だったのかというと、Toolsのバージョンが、
4->5になったことが大きな要因だと思います。
ハードウェア的にもUSDや、MixCoreになって大幅に強化されたこともありますが、
何と言ってもSound Designer2でしかできなかった機能が
ProToolsに統合されたことが大きいと思います。

その後もOSは進化を遂げ、ハードもHDになったり、PCIeになったり、
微細な変化はありましたが、それで何?それって俺に必要?って思っていました。

が、今回のアップデートはMIDI機能が大幅に向上されたのです。
一刻も早く勉強をはじめるべきです。
前バージョンの方が使い勝手がよかったり、安定していたりしていますが、
近い将来にはおおよそすべてのスタジオがver8になっていくんですから。

MAの人はMIDIなんて関係ないから興味ないっていうと思いますが、
新しい機能が増えた分、メニューやボタンのレイアウトががらっと変わっています。
知らないとまごまごして恥をかきますよ?
たとえ新しい機能を必要としなくても、その機能が本当に必要のないものか
検証してみることをお進めします。
また、こうやったらバグったっていう経験も必要です。
失敗していいときに失敗しておくことこそ何より重要だと思います。

ちなみに今回の導入はProTools-LE Complete Production Toolkit。
HDだとOS10.6がでたらハードはまた変わりそうだからね。
レーテンシーとか考えるとまだまだProTools5 TDMが最強。
もうちょっとG4にもがんばってもらわないと。
| comments(2) | trackbacks(0) | 12:48 | category: Recording |
# 久々に古巣に戻りました。
 

すごく久しぶりにこのスタジオでお仕事させていただきました。
老舗のアオイスタジオ。ここが僕の原点です。
退社後もトイストーリー2とか、悠久幻想曲3のOP,EDのmixとか、
ちょこちょこやらさせていただきましたが、あれから15年くらいになるんですねぇ。

僕がこの世界に足を踏み入れるきっかけというのはマイケルジャクソン。
あのShort-Movieにすっかり魅了されてしまったんです。
感情が根こそぎゆさぶられ、全身鳥肌が立つような感覚。
映像と音楽の融合にメロメロになってしまい、
こういうものをつくりたいと思ったのがきっかけです。

マイケルが亡くなり、心にぽっかりと穴があいたような気持ちでしたが、
昔と何も変わらない古巣が、なんだかとっても暖かかったなぁ。

これからも、僕は僕の愛する音楽を続けていきます。
僕の喜びがもっともっとたくさんの人達に伝わるように。
だからもっともっとエゴイストに、
僕は僕を喜ばせてあげようと思います。


おーっし、やるぞーっ!!
| comments(2) | trackbacks(0) | 01:43 | category: Recording |
# 秩父 ミューズ音楽堂
081104_1643~01.jpg
今週は外ロケ。秩父の山奥にきています。
ホールで96K/24bit/5chの高音質DVD-Audioの収録です。毎回ものすごい機材を持ち込んでの収録です。

1.モニター室をつくっちゃう
楽屋そのままでは反響が大きすぎてもやもやしてしまうので、吸音する素材で囲みます。
081105_1202~02.jpg
2.マイクがすごい
今回使っているのはDPAの4041。とてもフラットで高音域が綺麗にのびた特性です。金額もすごいなぁ。

3.レコーダがすごい
GENEXの名機GX8500を使用。
もっと新しいバージョンもあるけど音質はこれが最高。
コンピュータベースになると音がどうしでも軽くなっちゃうのはどうしてなんだろ?
081105_1201~01.jpg
4.AD,DAコンバータがすごい
DCSこんなに買ったらいくらするんだろう?
アイルランドで録音した時、英国製の製品なので英国でレンタルしようとしたら、こんなになくて借りられなかったです。
渋々日本仕様のDCSを運んで、240ボルトを変圧して使った悪夢を思い出しました。


ほかにもATCのスピーカーやらアンプやらアッテネータやらものすごい機材に囲まれて作業中。空き巣入らないといいな…。
| comments(2) | trackbacks(0) | 13:43 | category: Recording |
# CEATEC2008
幕張メッセでCEATEC2008始まりました!
Pioneerブースで流れているハワイアンな5.1ch-mixは僕がmixしています。
ひょっとすると元・T-SQUAREの和泉 宏隆さんのDVDのデモも
流れていると思いますが、こちらも僕のmixです。

5.1ch-mixは、まだ歴史の浅い方式なので、解釈がいろいろ乱立していて、
一概にどういったmixが正解とはいえません。
今回のmixは、会場でしか聴けない貴重なmixになっています。
注意深く聴いていただけると面白いと思います。

特に重要なのがセンタースピーカー。
古くから映画館ではセンタースピーカーが活躍していました。
別名ダイヤログスピーカー。
ようするに台詞はここから出して、音楽は左右のスピーカーから出すってこと。
そうすると、違うとこから音が出てくる訳だから、
どちらの音もはっきり聞こえるんです。
この場合、音楽はLとRに両方同じ音を出すことで真ん中から音が聞こえています。
真ん中のスピーカーはほとんど使いません。
でも今回は音楽のみを5.1chで楽しむ為のミックスなので、
しっかりセンタースピーカーを生かしたミックスにしています。
だってセンタースピーカー使わなかったらメーカーのプレゼンにならないじゃん!(笑)
音楽において、センターていうのは、非常に重要な音(VocalやBass等)を
配置することが多い為、これを擬似的につくったセンターではなく、
センタースピーカーを使うことでよりクリアな音で再生することができるんです。
(LとRで同時に再生ってすると個体差があるからどうしてもにじんでしまうし、
一番スピーカーから離れたとこに定位させようとするんだから無理がありますよね。)

でもね、一般家庭では、L,C,Rで同じスピーカーを同一条件で並べるのって
無理があるよね。
だって真ん中には普通テレビがあるし。それを避けようととすると平べったくなるし。
結局、一番大事なセンタースピーカーが一番小さくて、
一番効率の悪いスピーカーになっていることが多いんです。
そうすると一番大事な音が一番良くないスピーカーで再生されるという
結果になってしまうのです。
ここのところ、メーカーさんにはもっとがんばって頂いて、
良いハードを作って頂けるよう期待しています。

その為にこれはこの会場限定のmixです。
という訳で、お立ち寄りの際には是非聴いてくださいm(_ _)m

あー、久々に真面目なこと書いたら長くなってしまった。長文スマソ
| comments(2) | trackbacks(0) | 20:14 | category: Recording |
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links